資料請求はこちら

New トピックス

「テレサーモR」は国内最強テレメータ

回転体テレメータは、従来より回転機械の計測分野で数多く使用されていますが、「通信距離が短い」「アンテナ の設置が手間」「ノイズが多い」「製品が大きく設置が困難」「価格が高い」等、ユーザーの不満をよく聞きます。

イージーメジャー製「テレサーモR」は、発売開始以来「2.4GHz帯の無線機を使用」「当社独自計測手法によるデジタル式テレメータ」等の特長から、今迄にない画期的な回転体テレメータとして、鉄道・自動車・建機・重電・電機・製鉄・化学等の各産業分野において、大きな反響と期待をいただき、数多くの経験(製作実績)を積んでまいりました。
これからもこの分野に注力し、より使い勝手の良い製品の開発を進めていきます。

抜群の高性能送信機! その3つの理由

測定対象センサが豊富で且つ高精度

8種類の熱電対・ひずみゲージ・加速度・トルク・電圧・振動・変位等入力、その他に応じた送信機を準備してます。
熱電対温度計測の場合、分解能0.1℃、精度±1.5℃。 
ひずみ測定の場合、分解能1με、精度±0.05%FS以下。
高温度対応品(125°C)も可能。
標準型のみスリープモード搭載(ダイバーシティ型・高速送信機は適用外) 受信機の電源オフ時、送信機の消費電力を1/10~1/20に低減

フルデジタル回路方式だからノイズに強い

「テレサーモR」は、センサ信号を直接AD変換し、デジタル無線伝送する方式の為、インバータノイズ等の外来ノイズに影響を受けにくくなっており、鉄道・自動車・風車等の計測シーンで安定して使用いただけると高い評価をいただいています。

独自技術により、3つの小さいを実現

「テレサーモR」は、当社独自のデジタル技術により、下記の3つが他社より優れています。

小型 使用部品が少ないので小型。国内最小モデルも準備。
低消費電力 他社デジタルFMテレメータに対して、2/3以下。
低価格 大きな声では言えませんが、これが最大の売りです。

既存他社製品に対して、おおよそ20%以下の低価格です。

無線性能が抜群

専用無線モジュールを開発しました。

無線飛び性能(2.4GHz帯域無線機を使用)・高速通信・低消費電力・小型化を目的に、
回転体テレメータに最適な無線モジュールを自社開発しました。ダイバシティ受信機能により、
電波の死角を回避(次ページ図参照) 受信機能により回転時の死角による通信途絶を解消します。
日本・欧州・米国・中国・韓国の無線認証を取得済ですので、国内外で使用できます。

専用アンテナ基板により、無線飛び性能を約50%以上向上しました。

厳格な高周波回路設計技術を適用し、アンテナ基板を最適化しました。
アンテナ基板には、チップアンテナが初めから実装されており、外部アンテナなしでも使用できます。
(外部アンテナ端子は、基板に実装されており、より一層の飛び性能を発揮します。)
テレサーモRでは、従来のFM式テレメータ設置時の回転部の全周にアンテナを巻く設置作業が不要です。

ユーザー視点で対応します。

特注対応はもっと得意です。

回転体テレメータの専業メーカーとして、ユーザーの様々なニーズを実現します。

多チャンネル対応 当社のデジタル技術が最も優位な対応です。低価格でも対応可能です。
送信機電源への対応 バッテリー長寿命化・電池の特殊形状・誘導給電への対応
機械加工の委託 送信機取付カラーを始めに様々な要求に対応可能です。
最新計測技術への対応 サンプリングの高速化・特殊センサ対応・量産に伴う低価格化

その他、さまざまな対応にチャレンジさせて下さい。

導入してからすぐ使える

送信機は、一切の設定がありません。電源とセンサをつなぐだけで動きます。
受信機は、アナログ電圧とUSB(PC接続用)の2出力。受信機には、PCソフト(設定・モニタ)がついてます。
PCソフトの主な機能として、アナログ出力電圧スケーリング、受信機出力モニタ、出力のCSV保存、送信機無線周波数の変更ができます。

アフターフォローが万全

100%国産技術により開発されています。安心してお使いいただけます。
トレサービリティの書類提出できます。
輸出関係書類の提出可能です。
導入から使用迄、選任スタッフが、懇切に対応します。

特注対応

カスタム(特注)を意識させない納期・価格でご提供します。
また特注対応に豊富な実績があり、弊社独自の計測回路技術により、狭小部設置・多チャンネル入力に対応します。

ユーザー視点で対応します。

目的

電池を接続したままで送信機取付や計測準備を行うと、送信機はそのまま電池を浪費してしまい、
実際の計測を行うときに電池の残量が少なく、実際の計測時間が短かくなるという問題がありました。
今回、標準送信機(WTR72/WTR-62シリーズ)については、実際の計測時間を長くするために、
計測時以外の消費電力を低減する「低消費電力モード」に対応しました。

低消費電力モードへの切り替え方法

送信機用電源の低消費電力化は、受信機の電源のON/OFF状態で判断します。
低消費電力モード・通常モード間の切り替えは、以下の内容で自動的に行われます。

●低消費電力モードへの移行

 受信機との無線通信が約60秒以上行われないと、低消費電力モードになります。
 (通常使用時の約1/20以下の消費電力で動作)

●通常モードへの移行

 受信機を起動して送信機との無線通信が行われると、約30秒以内には通常モードになります。

除外製品

この低消費電力機能はダイバーシティタイプ・高速タイプ送信機には適用されません。

実施製品について

本機能は、2014年3月1日以降に、納入される標準型送信機に適用されます。

他社テレメータとの性能比較

国内メーカーとの仕様比較(TY社・TS社仕様は、カタログから抜粋)
当社(イージーメジャー) TY社 TS社
無線方式 フルデジタルテレメータ アナログFMテレメータ デジタルFMテレメータ
無線周波数帯域 2.4GHz帯域 100MHz近傍帯域 300MHz帯域
測定対象 熱電対 歪ゲージ 熱電対・測温抵抗体 歪ゲージ 歪ゲージ
レンジ 8種の熱電対
全温度範囲
±1万με
任意レンジも可能
発注時指定
任意レンジ可能
±1000・±3000
±3000με以上
任意レンジ可能
±1万με
分解能 0.1℃ 1με*1 1με
確度 ±1.5℃以下 0.05%FS以下*1 0.1%FS以下 ±0.2%FS以下
安定度 零点移動 ±0.03℃以下 0.03με/℃ ±1%以内(-40~125℃)以下 ±0.8με/℃
感度変化 ±0.03℃以下 0.005%/℃以下 ±0.03%/℃以下
サンプリング速度 50データ/秒 2Kデータ/秒*3 5KHz(周波数特性) 2Kデータ/秒
最大遠心加速度 3000G以上 5000G以上 1000G以上
使用温度範囲 -20~80℃*2 -50~150℃ -20~80℃
最小送信機外形 18×7.5×35mm(4200mm2 16×16×32mm(7200mm2 35×10.5×15mm(5713mm2
消費電力 3.6V12mA 3.6V25mA 5.4V12mA 3V75mA
特注対応 多CH化・誘導電源・送信機形状 多CH化・誘導電源 誘導電源

*1 サンプリング速度が、200データ/秒の場合、分解能:0.1με・精度:0.02%FS以下が可能。
*2 オプションで、-30~125℃も製作可能。
*3 オプションで、4.8Kデータ/秒サンプリング速度も製作可能。

●イージーメジャー製テレメータの特長

無線機

  • 回転体テレメータに最適な無線機(小型・低消費・高速伝送)を自社開発
  • 電波の飛び性能が抜群(2.4GHz帯域無線機を使用)
  • ダイバシティ受信機能により、電波の死角を回避
  • 受信機能により回転時の死角による通信途絶を解消

送信機

  • 入力は、熱電対温度・ひずみ・電圧・振動・変位等のセンサ信号に対応
  • フルデジタル回路方式だからノイズに強い
  • 高温度対応品(125°C)も可能
  • 標準型のみスリープモード搭載(ダイバーシティ型・高速送信機は適用外)
  • 受信機の電源オフ時、送信機の消費電力を1/10~1/20に低減

受信機

  • 受信機側で、オートゼロ設定・電池電圧モニタが可能
  • 付属ソフトウェアにより、アナログ出力レンジ・無線周波数切替等の設定が可能

受信機用電源

  • 電池式と誘導給電方式の2WAY
  • 電池式 : 交換型・充電型・大容量型・薄型他ラインナップが豊富
  • 誘導給電方式 : 正弦波電源によりノイズが少ないカスタムメイド

特注対応

  • カスタム(特注)を意識させない納期・価格
  • 豊富な実績
  • 弊社独自の計測回路技術により、狭小部設置・多チャンネル入力に対応
  • 詳細な仕様はこちら
  • 資料請求はこちら

鉄道・自動車・建機・エネルギー・電機・化学等の各産業分野において、導入いただいています。

お陰様で弊社のテレサーモRはご好評をいただいており、様々なところで活躍しております。ここでは、いくつかの事例を紹介させていただきます。導入の際の参考としてご覧ください。

  • 自動車会社さま 主な用途:
    ドライブシャフト・プロペラシャフトのトルク・ひずみ測定、フレックスプレートトルク測定、トランスミッションの温度・ひずみ測定、タイヤ・ブレーキパッド温度測定、HV・EVモーターのトルク・温度測定、ホイールトルク測定、タイヤ圧力・温度・ひずみ測定、ブレーキパッドの温度測定等
  • 鉄道会社さま 主な用途:
    圧延ロールのトルク・曲げ、回転機械設備・攪拌機械の計測・監視等
  • エネルギ分野 主な用途:
    モーター・発電機・ポンプ・タービン・ターボチャージャー・ディゼルエンジンの応力・温度計測、回転変動・発電機の温度・歪計測、風力発電機軸のトルク測定・翼の応力測定等

自動車産業では、自動車メーカーから部品メーカ―まで、幅広く採用されています。

納入実績

テレサーモRは、日本国内の様々な分野・企業に採用されています。

自動車産業 トヨタ自動車・日産自動車・いすゞ自動車・UDトラックス・ダイハツ工業・豊田自動織機・アイシン精機・アイシンAW・ジャトコ・GKNジャパン・曙ブレーキ工業
エネルギー関係 安川電機・オムロン・三菱重工業・新潟原動機・荏原製作所・ヤンマー
鉄道 JR総研・新日鉄住金・JR西日本
建機 小松製作所・TCM・日立建機
化学工業 日東電工・三菱レイヨン

他、多数
(敬称略)

テレサーモRの製作事例はこちらをご覧ください。
様々な産業分野で語導入いただいております。
無線機の海外認証をぞくぞくと取得中です。
  • 米国認証
  • 韓国認証
  • 中国認証
  • 資料請求フォーム
  • お問合せフォーム
  • もっと無線を飛ばしたい方、距離が足りない方などは・・・弊社の「無線応用計測器」をオススメします!